Uh oh! Looks like your browser’s out of date.
You’ll have more fun viewing our site on one of these instead.
×

サーキュラーな仕組みを形にする Circular Ecosystems ワークショップ

サーキュラー・エコノミー(循環型経済)とは、限りある資源の抽出〜生産〜破棄という直線型の流れから、製品や原材料をより長く利用・再利用・転用し続け、廃棄物を出すことない、復元・再生可能な経済の仕組みを指します。

では、食品産業や日用消費財、ファッション業界、家電から町のデザインまで、「循環」するサーキュラーな未来に向かって前進させるには、どのように取り組めばよいのでしょうか?

IDEO で出した答えは、さまざまなステークホルダーをひとつの場所に集めること。IDEOでは、サーキュラー・エコノミーの一環として、産業内のリーダー達が、未来の再生力を高めるために協力していきます。今まではお互いをライバルとして意識していたメンバーも多い中、この1 週間のワークショップとデザイン・スプリントでは 、共通の未来に向けて、お互いを仲間として手を携え、課題に取り組みます。

議論を交わすだけでなく、同じテーブルを囲んで具体的なプロトタイプ(試作品)の構築を目指すのが Circular Ecosystem Workshop のやり方です。そうすることで、捉えどころのない概念に具体性を与え、新しいアイデアが循環型かどうかが、いち早く分かります。手を動かすこのアプローチと、参加者各人が持つさまざまなスキル(原材料の確保から流通、配送から小売、廃棄から資金調達など)は、サーキュラーな循環型プロトタイプの作成に役立ちます。そうすることで従来のR&Dよりも早く新製品を市場に投入することが可能になります。

 
  • Send this to a friend:

    (required)
    (required)
  • Send this to a friend:

    (required)
    (required)